運転代行振興機構とは

設立目的

この法人は、交通事故のない安全な社会の実現を目指し、方向性と政策全般の調査研究を行い、国民の交通安全の向上に寄与するとともに、運転代行の健全な発展と安全で良質なサービスの提供に寄与することを目的とする。
警察庁・国土交通省より「運転代行サービスの利用環境改善プログラム」が示され、当業界として安心して利用できる事業者の情報を利用者に提供すること、また、従業員の教育を充実させ接客マナーや運転技術の向上を図るための業界団体の講習会の実施、連絡体制の構築が求められております。

事業内容・定款

本財団は、目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)交通安全や運転代行に関するフォーラム、シンポジウム、研究会等の開催
(2)交通安全や運転代行に関する調査研究
(3)交通安全や運転代行に関連する諸団体の活動に関する情報交換、助言及び協力
(4)優良運転代行業者評価制度の運営
(5)交通安全や運転代行に関する機関紙及び図書等の発行
(6)交通安全や運転代行に関する表彰及び助成
(7)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

定款

▲ページ上部へ戻る

理事長挨拶

 運転代行振興機構は、平成22年6月10日、内閣府の公益認定等委員会において公益認定を受け「公益財団法人運転代行振興機構」となりました。
 国に公益性が認められたことは、運転代行業界の社会的に大きな信用向上につながります。運転代行業は社会のため、国民のためにあるという制度上の裏付けを得たと言っても過言ではありません。また、私たちはそう自覚して、公益性の認定に自身と誇りを持って日々の業務に精励して参ります。
個人・企業の方々が、当機構の活動にご理解をいただき、ご寄付をされた場合、寄付金優遇税制のメリットが生まれます。

 当機構が公益認定を受けるに当たって掲げた公益目的事業は、一般財団法人設立から、宮平前代表理事をトップで展開した事業で、(1)交通安全・フォーラム等開催事業、(2)交通安全普及啓発事業であります。これに対し国の公益認定等委員会からは、皆様のご協力のもとに実施した昨年6月の機構設立記念フォーラムや交通遺児への募金活動などが実績として高く評価され、この団体ならば公益認定にふさわしいと結論されるに至ったわけです。
 従って、今後は、飲酒運転撲滅をはじめ交通事故の無い安全な社会を目指すと同時に、運転代行業が交通安全を通じて社会に貢献している姿を、国民に広く知ってもらうよう、パネルディスカッションや講習会などを適宜開催して参ります。また、これに関連する調査・研究、ドライバーほか国民に対する啓蒙のための情報発信(リーフレットなど)に取り組みます。
このほか、社会の各方面には、飲酒運転対策や交通安全のために活動される様々な団体・グループや有識者がおられます。私たちはそれら心ある皆さんとも広く連携し、交通安全推進の国民運動を進めると共に、業界の社会的認知度を飛躍的に高めて参りたいと存じます。

 運転代行業を将来にわたって健全に発展させていくため、大切なことは国民及び政治・行政との信頼関係です。お客様をはじめとして国民の声を日頃から吸い上げるしくみ、政治・行政に対して言うべきことは言い、協力すべきことはスクラムを組んで取り組んでいく体制を作り上げることが必要だと考えます。
当機構を盛り立てて行くのは、ひとえに関係各位の深いご理解とご協力をおいて他にありません。何卒、今後とも力強いご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人 運転代行振興機構
代表理事 坂本則夫

▲ページ上部へ戻る

機構情報

名 称 公益財団法人運転代行振興機構
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル621
TEL 03-4360-8773
目 的 本財団は、交通事故のない安全な社会の実現を目指し、
方向性と政策全般の調査研究を行い、国民の交通安全の向上に寄与するとともに、
運転代行の健全な発展と安全で良質なサービスの提供に寄与することを目的とする。
事 業 本財団は、目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)交通安全や運転代行に関するフォーラム、シンポジウム、研究会等の開催
(2)交通安全や運転代行に関する調査研究
(3)交通安全や運転代行に関連する諸団体の活動に関する情報交換、
  助言及び協力
(4)優良運転代行業者評価制度の運営
(5)交通安全や運転代行に関する機関紙及び図書等の発行
(6)交通安全や運転代行に関する表彰及び助成
(7)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

設 立 平成21年1月16日 登記
平成22年6月10日 公益財団の認定公示

▲ページ上部へ戻る

役員・評議員

代表理事 坂本 則夫
理 事 泉 勝友 今寺 雄作  
監 事 亀岡 保夫
評議員 石川 剛 井上 郁美 上原 高司 岡村 親男 片岡 斉
隅 泰男  
(平成28年4月現在)

▲ページ上部へ戻る

ご協力のお願い

運転代行振興機構の活動は、皆様から寄せられた寄付金をもとに行います。
交通事故のない安全な社会の実現を目指し、方向性と政策全般の調査研究を行い、国民の交通安全の向上に寄与するとともに、運転代行の健全な発展と安全で良質なサービスの提供に寄与することを目的として活動していきます。
当財団の活動に、ご理解を頂き、ご賛同いただける方々のご協力をお願い致します。

寄付金について

▲ページ上部へ戻る